日本とアジアと世界に仕える Japan Alliance Christ Church
日本同盟基督教団 教団事務所 

教会が取り組んでいる伝道方法に学ぶ②「給食伝道」

教会が取り組んでいる伝道方法に学ぶ②「給食伝道」
足立愛の教会 牧師 曺 光勲

毎週火曜日正午になると、向島の隅田川の河川敷に約100人のホームレスの方が集まって賛美を捧げる姿を見ることができます。多い時は150人ぐらい集まります。足立愛の教会が18年前から続けてきた向島給食伝道の様子です。約30分ほどの賛美と礼拝の時間を持った後、食事の時間を持ちます。食事の後は、ホットコーヒーと麦茶などを提供しています。感謝なことは数年前からSecondHarvest という団体が多くの企業から寄贈された食材を無料で提供してくださるので、食事準備のためのコストを大幅に削減することになったことです。東京都内のいくつかの所でホームレスの方のために食事を提供していますが、私たちの教会が提供する食事が一番おいしいし、心を込めて作っていると褒めてくれる方が多いです。約10人の聖徒たちが、毎週月曜日と火曜日に参加しており、最初はホームレスの方を恐れたりしましたが、今は非常に馴染んで、彼らと会話も交わしながら仕えています。季節によって必要な衣類も提供し、聖書やトラクトなどをも配っています。最初は、食事だけに関心があると思いましたが、そうではないことが分かりました。賛美とみことばに関心を示す方が結構います。メッセージは主に伝道説教と希望を与える内容が多いです。時々イエスさまを受け入れるように誘いますと、いつも何人かイエスさまを受け入れます。また、この奉仕は聖徒たちにも大きなやりがいを与え、教会生活に大きな活力を吹き込むのを見て、ホームレスの方だけではなく、むしろ奉仕する私たちに大きな益があることを感じます。