日本とアジアと世界に仕える Japan Alliance Christ Church
日本同盟基督教団 教団事務所 

開拓一年間の主の恵み 鹿児島いずみ教会

開拓一年間の主の恵み 鹿児島いずみ教会
牧師 瓜生和彦

 

「主の山には備えがある」創世記22章14節

いつも鹿児島開拓を覚えてお祈りいただき、感謝致します。家族3人で鹿児島に遣わされて、ちょうど一年が経ちました。主から多くの恵みをいただいた中から、いくつかお分かちさせていただきます。
①2名の受洗者が与えられたこと。「主の山に備えあり」とのみことば通り、主が救われる方々を備えていてくださいました。
②受洗者の信仰の成長。礼拝を大切にして、主と教会に忠実にお仕えしてくださっています。個人の学び会が継続できていることも感謝です。
③地域への伝道。教会のチラシを5回に渡って配布することができました。教団キャラバン伝道チームや宣教区キャラバン伝道チーム、韓国からのキャラバン伝道チームの協力をいただき、地域に多くのチラシを配布することができました。
④試練を通して多くのことを学んだこと。私たち夫婦の力不足ゆえに牧会においてふさわしく対応できないことがあり、大変苦しみました。しかし、その試練を通して私たち夫婦は「教会とは何か?」ということを深く考え、多くのことを学ぶ良い機会となりました。
⑤多くの皆様にお祈りいただけたこと。教団レベル開拓・九州宣教区協力である鹿児島開拓は、この1年間、多くの皆様の尊いお祈りと尊い献げ物をいただきました。多くの恵みと共に困難もありましたが、皆様のお祈りに支えられて1年間を乗り越えることができました。背後で祈ってくださった皆様に心より感謝いたします。何よりも主が良くしてくださったことに心より感謝いたします。