日本とアジアと世界に仕える Japan Alliance Christ Church
日本同盟基督教団 教団事務所 

教職教育部 2019 年補教師研修会 報告

教職教育部 2019 年補教師研修会 報告
教職教育部員 奥山信(平和台恵教会牧師)

 

9月2日㈪〜5日㈭、浜名湖バイブルキャンプを会場に補教師研修会が行われ、明日の教団を担う補教師26名(1年次4名、2年次12名、3年次10名)が全国各地から集い、互いに研鑽と交わりの時をもちました。
開会礼拝にて、北條輝先生(教職教育部長)を通して「忠実で賢い管理人」とされることの励ましを受け、共に研修に臨みました。

1年次(牧会について、教会教育、人との関係づくり、教団史A、冠婚葬祭、教職論)、2年次(牧会事例研究、救済論、教会形成、論文指導、教団史B、礼拝論)、3年次(聖礼典、役員会運営、教会戒規、信仰告白、個人伝道、教会事務)のそれぞれの年次講義に加え、グループに分かれての説教演習を行いました。
最終夜には3年次生の証し会をもち、それぞれ3年間の牧会経験の喜びや直面した問題を通して神さまに取り扱われたことを分かち合い、共に神さまの恵みの大きさを覚える時となりました。また、グループに分かれ研修会の振り返りの時間をもち、受けた恵みを分かち合いました。普段の牧会現場から離れ、共に研鑽し、同労者として励まし合うことのできる恵みを味わうこともできました。
出発の朝は、派遣礼拝において丸山園子先生(教団理事・教育局長)から、「わたしを愛するか」との主イエスさまの愛に応えて、主イエスさまの羊を愛する思いをもって牧会現場にてお仕えすることを確認することができました。
各講師の先生方が熱意をもって導き教えてくださり、予定されていたすべての講義を滞りなく行うことができました。
最後になりましたが、この研修会を支えて下さいました浜名湖バイブルキャンプ委員の諸先生とご奉仕下さったスタッフの皆様、背後にあって祈りに覚えて下さった同盟基督教団の主にある兄弟姉妹、補教師の先生方を期待を持って送り出してくださった諸教会の皆様に、心からの感謝を申し上げます。