日本とアジアと世界に仕える Japan Alliance Christ Church
日本同盟基督教団 教団事務所 

教会紹介 古河教会(常磐宣教区 茨城県古河市)

教会紹介 古河教会(常磐宣教区 茨城県古河市)
遣わされた者が一つとなって
教会員 岡村京子

古河教会は茨城県西部、関東地方のほぼ真ん中に位置する人口15万弱の古河市にあります。渡良瀬川、利根川が近く、花桃の里として有名な古河公方公園にも近い自然豊かな環境です。

1952年、TEAMのルツ・スミス宣教師の開拓伝道によって誕生し、伊藤惣喜師、森川昌芳師、遠藤増雄師から現在の長谷川望師へとそれぞれの時代に神さまの導きと深い祈りにより営々と礼拝がささげられてきました。

2020年「遣わされた者は一つになれ」というテーマのもと、ヨハネの福音書17章18節「あなたがわたしを遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました」のみことばを目標として新年の歩みを始めました。

市の郊外に現在の会堂が与えられて30年が経過し、もうすぐ創立70周年を迎えようとしています。礼拝出席は100名近くで、懸案であった駐車場不足も隣地を借用できることとなり、祈りに応えられる主に感謝しました。

教会内ではエイジグループを中心に年代別の交わりがなされると共に、多くの年代を超えた小グループの活動により聖書の学びが活発に行われています。また、ボランティアの働きにおいては、東日本大震災を覚えてバザーを毎年開催し、東北宣教プロジェクトや災害地に支援の働き手を送り出しています。地域に向けては音楽奉仕チームの老人施設への訪問や、様々なイベントへのトーンチャイムグループ、ゴスペルチームなどの参加により教会の働きを証ししています。

この年も神さまのみこころを求めつつ、救われる魂が一人でも多く与えられるように教会員が一致して歩んでいきたいと願っています。