日本とアジアと世界に仕える Japan Alliance Christ Church
日本同盟基督教団 教団事務所 

国内宣教 「石ころからでも」

国内宣教 「石ころからでも」
理事・伝道局長 林明信(那覇めぐみ教会牧師)

「言っておきますが、神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子らを起こすことができるのです」( マタイ3章9節)

ご存じのように沖縄は暖かいです。昨年の11月に那覇めぐみ教会( 2018年1月に教会名変更) として初めての洗礼式を行いました。海で執り行うことに教会員一同だれも迷うことなく祈って備えたその日は、とてもよい天気で暖かくて風もなく本当に穏やかな美しい海で洗礼式を行うことができました。
2名の受洗者のうちの1名は私の母で、沖縄に移住してきて約一年後、82歳での受洗となりました。小さい頃から長年、仏教で育ってきた母ですが、聖書の学びをして自分の罪を認めるとともにイエスさまを救い主と信じる決心をしました。しかし、アルツハイマー型認知症であるために、確信はあるかと問われると「そんな気がする」と言うのですから、その決心は小さな石ころのようなものかもしれません。その母に教会の兄弟姉妹は、最後の学びのとき「あなたが救われたのは、気分や感情ではなくて神さまのことばによるのですよ」と励ましてくださり、洗礼式直前の祈り会の分かち合いでは、これまで何かあるたびに「私は仏教で育ったのでよく分かりません」と言っていた母が、「この頃『主の恵み』ということを考えるようになった」と発言してみんなを驚かせました。そして、洗礼式当日は一緒に受けたM兄とともに誓約の言葉にはっきりと答えていました。
私たちの信じる神は、どんな小さなことからでも救われる人を起こしてくださいます。私たち一人ひとりが献げる国内宣教献金はワンコイン( 500円/月)が目安です。小さな額かもしれません。しかし、教団全体では2500万円以上となり、それによって国内宣教は大きく前進しています。特に力を入れている未設置県( 同盟基督教団の教会がない県) への教会開拓においては、昨年から新しく三重と徳島で始まり、未設置県は残り四県( 秋田・和歌山・島根・佐賀) となりました。どうぞお祈りください。
那覇めぐみ教会の中に、ときどきですが開拓教会への指定献金を献げる方がいますし、遠い沖縄の私たちの小さな教会のためにも、毎月欠かさずに献金を送ってくださる方々がおられます。金額の大小にかかわらず、尊い志と祈りによるその献金は開拓教会をどんなに励ますことでしょうか。日々の祈りの具体的現れに本当に感謝しています。
国内宣教ページを読んで心に留めてくださるお一人おひとりの祈りと献金によって、国内宣教は進められています。ぜひ今年も日々の祈りと月1回のワンコインで、この素晴らしい日本同盟基督教団の国内宣教の働きに参加してください。

Print Friendly, PDF & Email